遺品整理の時期と内容で専門業者へ相談を

遺品整理に適切な時期

親族が亡くなってし悲しみに暮れる中、いずれ遺品の扱いを考えるタイミングがやってきます。故人が関係の深い相手だった場合、しばらくは深い悲しみで何も考えられないこともあるでしょう。いずれは、気持ちを整理して、残された遺品の処理を考えなければいけなくなります。

 

遺品整理するのに適切な時期や期間は、人それぞれ、大きく異なります。特に住居が賃貸物件だった場合は、契約期間のことも考えなければなりません。また、関係する親族とお互いの考えを相談する必要もあるでしょう。数週間程度から数年間まで、さまざまなケースがあるのが実情です。

 

賃貸物件の場合

故人の住居が持ち家であればしばらく時間の余裕ができるケースが多いですが、賃貸住居の場合は物件を明け渡す必要があります。親族が近場にお住まいの場合、おおよそ1〜2ヶ月程度で遺品を整理し、賃貸契約を終了させて明け渡すケースが多いようです。遠方の場合は、さらに数ヶ月かかることも多くなります。

 

遺族の方々で連絡を取り時期を相談して、遺品整理に取り組むことが多いようです。賃貸物件の明け渡しという期限が決まっているため、遺品整理業者へ依頼される方も多くいらっしゃいます。東京スマイル回収では、多数の賃貸物件での遺品整理のご相談に対応しております。

持ち家の場合

故人が持ち家にお住まいだった場合などは、賃貸物件とは異なり早急な契約期間のケアは必要とならないことが多いです。心の整理がつくまで、遺品整理に急ぐ必要は特にないでしょう。

 

遺族の間で相談し、四十九日や百箇日法要などの法事で集まるタイミングも活用して遺品整理に取り組むことが多いでしょう。しかし遺族の方が遠方の場合や、法事の集まりがあまり良くない場合、遺品整理に取り掛かるまで数年間かかる方も少なくありません。心の傷が深い場合も、心の整理がつくまで数年間、遺品整理に取りかかれないことも多いでしょう。